10.18.2014

Our restaurant 私たちのレストラン

Recently a regular customer brought a leefret and let us know about the article.   We are really surprised at it and glad to see YAMU which is a free leefret published in Sri Lanka.  We have not known about the article as we have not been informed from YAMU editors in advance and we have thought our restaurant would not be picked up as we are not an advertiser and usually medias write about the advertisers.  

We understood now why they did not informed us about the article as they are very independent and try to be fair about the article. Thank you YUMU but it will be appreciated if you could delete the personal pictures of both of customers and us for the privacy.  We do not mind to take our foods but persons.

We thank you for your visiting to our small restaurant 'Cafe Japan'.   
Today, we would like to write a little about us.

In our restaurant, our mother cooks mostly alone.   We have no ideas to make our business bigger and employ a lot of staff.   We think the most important thing is to keep continuing our business to want to hear customers' tasty and we are fullfilled by ourselves if they could feel it

Sri Lankan and foreign customers' comments like " very delicious" or "interesting setout" and Japanese customers' like "at home and the same taste in Japan!" made us happy and encouraged to keep open the restaurant and with to meet the customers more. 

We can not afford to operate the restaurant if the number of customers increase rapidly therefore we do not advertise, the sighn board is not big, and asking for your reservations.  We are just a mother and two daughters.

Sometimes our restaurant maybe introduced in public without our recognition and it may happen sometimes incorrect informations like opening hours.

We may have holidays suddenly and sometimes we go back home to Japan.  It is difficult to operate without mum or us. 

It will be appreciated if you could check our opening schedule on our blog or call or by E mail though inconveniences may causes on you. 

We have been meeting a lot of beautiful customers since we opened the restaurant in 2000 and still the customers form then visit us.   And we wish we will be able to meet more customers in the future, too.   It is our treasures to meet and know the people and it makes us continue the restaurant.  
We really appreciate for your neverlasting partronages.

Thank you. 

PS.  Please check how to eat Sushi on youtube, if you can.  You can search on surf.   ; >



いつも私たちの小さなレストラン「カフェジャパン」を訪れていただきありがとうございます。

先日、あるお客様がフリーペーパーに載っていましたよ。と、教えてくださいました。
このフリーペーパーはYAMUと言って私たちも目にしたことがありましたが、
まさか、私たちのレストランが紹介されるとは思いもよりませんでした。
それは、通常、広告主を紹介する記事が多いため、
私たちのような広告を出さないレストランは記事にされることがないからです。
ですから、YAMUは中立な立場を保つためにあえて、私たちに連絡しなかったのかと
改めて思います。
掲載されたことはとても嬉しく、YAMU編集者にもお礼を申し上げたいと思います。
ですが、レストランの食べ物の写真は撮っていただいて構わないのですが、
お客様や私たちの写真は許可なく撮って頂かない様お願いしたいと思います。


今日は少し私たちのことをお話しますね。

私たちのレストランでは母がほとんどの調理を一人でやっています
スタッフを増やしてビジネスを大きくしていこうという気持ちは無
ただ、ご縁があって召し上がっていただいたお客様が
おいしいと思って下さったら
それが嬉しい、
とその思いだけでこつこつと続けているのです。

日本人のお客様が「ほっとする味だね」と仰ってくださったり
スリランカ人や外国人のお客様が
「とてもおいしいし、盛り付けなども興味深い」などとコメントを下さったり
そういうことが励みになっていますし、そんな出会いが楽しいのです。


宣伝をしないのも
看板を大きく出さないのも
予約をお願いしているのも


お客様の数が急に増えてしまうと、
私共の能力では対応できないからなのです。
母と娘二人で切り盛りしている小さなレストランですので・・・。


今回のように
私たちの知らない間に
外部の案内に載ってしまっていることもあるのかもしれません。
そして、
業務時間など、間違って掲載されていることもあるようです。

突然、思い立って長めのお休みを頂くこともありますし、
日本に買出しに行くこともあります。
私か母のどちらもがコロンボにいないとお店をオープン出来ないのです。


ご面倒ですが、このブログをご覧いただくか
お電話を頂けますと
オープンしているかどうかなどご確認いただけると思います。
ご要望・ご提案・お問い合わせなどもメールや電話で受け付けております。

これからもご縁のあったお客様との出会いを大事にし
小さいながらもほっとする空間を作っていきたいと思います。

今後もご愛顧よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

2 comments:

Slypan said...

Happy to know that Cafe Japan was picked up in a free paper. I believe your family deserve it.

CAFE JAPAN 0777-263564/0777-263565 Lunch: (Weekends 11:30)1200-200pm Dinner:Reservation required Delivery time:1100am-200pm said...

Thank you Slypan from oversea. We are pleased and would like to continue quietly. ; >