9.29.2015

HOCHO Japanese knives  包丁


These are typical Japanese kitchen knives which we call Ho-cho.   When we visit Japan, we see many tourists from foreign countries purchase these knives.   We also visit Japanese knife shop for their maintenance.  Even we use them everyday and make them sharpen though it is necessary to ask their professional  maintenance by the craft persons.  We visit the craft persons everytime when we go back to Japan.  The most distinguishable point of Japanese kitchen knives is variation of the thickness of the blade and most blades are thin.   When we cut fish, we use very thick blade-knife and use thin blade knife for other cooking.  At the beginning to open the restaurant Cafe Japan in 2000, we were very surprised that one staff used our knives to cut plastic bottles and Coconuts` shells!   Usually we separate the tools up to the usages.    Strictly cooking knives are for only cooking.   Finally we found our knives after cutting Coconuts` shells were terrible and we cried.  He used thin blade knife to cut a hard coconut shell!  Now we can say it was an interesting culture shock and no anymore mistakes after that. The oldest Hocho which we have started to use when we opened Cafe Japan in 2000 has now very short blade.   We are using it for cutting meat.
私たちは,色々な種類の包丁を使います。写真は、ほんの一例です。毎日研いで使っているものですが、定期的に日本に帰ったら、包丁屋さんに包丁の研ぎをお願いしています。やはり、プロの方に研いでもらうと切れ味がさらによくなり、包丁も長持ちするのです。
日本の包丁は色々な用途に合わせて使う包丁が違っていますし、スリランカでは料理に使う素材も異なります。最初、カフェジャパンを開店したころは、何もわからないスタッフが包丁でプラスチックのものを切ったり、ココナッツの殻を割ったりしました。その後、どうなったのか。。。ご想像にお任せします。。。今では、面白い出来事、カルチャーショックだと話すことができますが、当時は泣いても悔やみきれませんでした。最初にスリランカで使い始めた包丁は今でもありますが、とても小さな包丁になっています。

2 comments:

ぽむすびー said...

私も昔は鋼の包丁を海外で使っていた時に、それをブッシュナイフの様に針金を叩き切るのに使われて、刃こぼれさせてしまいました。きちんした刃物の使い方が出来るのは、やはり、先進国の料理人ですね。

CAFE JAPAN 0777-263564/0777-263565 Lunch: (Weekends 11:30)1200-200pm Dinner:Reservation required Delivery time:1100am-200pm said...

刃先がボロボロになった時、何を思うんでしょうね?しまった!と、思うのでしょうかね?
国によって、ナイフも違うから面白いですよね!